理想的なくびれが手に入る魅惑の女豹エクササイズ

女性が最も手に入れたいボディといえば『くびれ』ですよね。くびれを作ることに注目したウエストのエクササイズが今、モデルや女優たちの間で流行しているんです。

26

今回紹介するウエストエクササイズは、男性に最もウケるスタイルであるウエストとヒップの割合7:10を目指した『女豹エクササイズ』です。女豹のような、しなやかなボディラインは女としての魅力がアップするスタイルなのでしょう。

なぜ女豹エクササイズが誕生したのか?

芸能人からも信頼が厚いトレーナー横井さんが考案した女豹エクササイズ。彼はこのように言っています。

「4足歩行の時のほうが姿勢がスタイルがよかった…」

私たちの祖先が2足歩行に進化したことによって、お腹や背中の筋肉の使い方が下手になってしまいました。それによって、下腹に贅肉が付きやすくなったと言われています。4足歩行の時の女豹のような姿勢を取りもどり、くびれを作ろうと考えだされたのがこのエクササイズです。

4つのエクササイズを1日5分行うこと!

 

 鳥かご呼吸
1、胸に両手を当てて、鼻から思いっきり息を吸い込みます。この時、肋骨が横に広がるようなイメージで胸を開きましょう。上半身に鳥かごが入っているように膨らませます。
2、お腹が凹むくらいすべての息を吐きましょう。吐き出す時、鎖骨の位置がぶれないように意識しましょう。

 

 風車エクサ
1、自分が時計になったイメージで両手で3時を作ります。息を吸いながら、右手は耳の後ろからまっすぐ上げ、左手は鎖骨から一直線に真っすぐ伸ばします。
2、そのままの状態で、息を吐きながらゆっくり足を真横に上げていきましょう。腰の上のあたりの筋肉を使って上げることがポイントです。反対も同じように行います。

 

 雑巾絞り運動
1、足を肩幅に開き、壁を背にして立ちます。息を吸いながら両手を上へ上げましょう。
2、息を吐きながら上体を右側へひねり、壁をタッチします。体の中心がぶれないように、頭から足裏まで真っすぐ立ちます。5秒キープしたら反対も同じように行います。

 

 最後は女豹ポーズ
1、開脚して、両手が肩の真下になるように床に付き体を支えます。この時、しっかり息を吸いましょう。
2、息を吐きながら右手を真っすぐ上にあげましょう。この時、上げた手を追うように顔も一緒に上を見ます。このまま3秒キープします。

 

この4つのエクササイズを行っても5分で終わりますよね。
毎日地道にエクササイズを行えば、お腹やお尻、背中に美しいラインを生み出すことができるでしょう。