腸内環境のせいで太ってみられる…!見た目で損しないためには便秘を寄せ付けないことが大切

「最近太ったかな…?」と思うことが多くなったあなた!!思い当たる節がないのに、下腹のあたりだけぽっこり出っ張ってしまっている経験はありませんか?

35

便秘という何日も排便が行われない状態は、特に女性に多い症状でしょう。「1~2週間は出ないのが普通です」という人も多いのではないでしょうか。そして、便秘を放置していると、いつの間にかお腹がぽっこり太ってしまいます。「いつものこと…」と便秘を甘くみていると後悔します。そのため、常に便秘を予防することを意識することをおススメします。

★便秘の主な3つの原因★

 運動不足によるもの
 食べ物によるもの
 ストレスによるもの

便秘の原因を解消してスッキリお腹になる方法

1)習慣的に適度な運動を行う

社会人になると仕事中心の生活になり運動は怠りがちになります。そのため、便を排泄するお腹の筋肉や腸の働きが衰え、排便能力が低下してしまいます。また、皮下脂肪がお腹に蓄積することも排便に影響するため、習慣的な運動が必要になります。

 便秘解消におススメの運動

ウォーキング・ジョギング、水泳などの有酸素運動は腸を活発にするだけでなく、余分な脂肪を燃焼してくれます。排便能力をアップさせるには、腹筋を鍛えることです。ヘソに力を入れて深呼吸するだけでインナーマッスルが簡単に鍛えられます。ほかにもヨガがおススメ。
2)積極的に食物繊維と摂る

手軽に食べられるコンビニ食やファストフードは、食材の持ちをよくするためにどうしても保存料や添加物が入っています。このような有害物質や余分や脂肪分は腸の壁に詰まりやすく、便秘になりやすくなってしまいます。そんな時に役立つ栄養素が食物繊維です。

 食物繊維が腸内をキレイに

ゴボウやりんご、バナナ、寒天などに含まれている食物繊維は、腸内に詰まった余分な物質を掃除しながら体外に排出する働きをしてくれます。さらに、腸内環境を整えてくれるヨーグルト(ビフィズス菌)と一緒に食べるとより効果的です。ヨーグルト+りんごやバナナといった組み合わせを毎朝食べるだけでも便秘はゆっくり解消するでしょう。
3)現代ストレスが自律神経に悪影響…

会社や学校、家庭でストレスを感じる人は年々増加しているそうです。それは、精神的なものや肉体的なものがあります。体がストレスを感じすぎると、自律神経が乱れてしまい、胃や腸といった消化のための臓器の低下に繋がってしまうのです。

 自覚することが大切

実は知らず知らずのうちにストレスを感じていることが多いといいます。ストレスを背負っていることに気づいていない人もいます。便秘など体に異常を感じた時は、自分はストレスで体が疲れているかも…と思って下さい。すると、自然と生活の中でストレスを排除するように努めるはずです。