簡単!骨盤の歪みを整えてお腹をスッキリさせる方法

ぽっこりお腹は骨盤ストレッチで解消することができます。

3

最近の日本人は骨盤が歪んでいる人が多いそうです。そして、骨盤が歪んでいることで下腹がぽっこり出てしまうのです。骨盤の歪みは冷え性や腰痛、生理痛、頭痛、肩こり、膝痛などの原因にもなるため、早急に改善したほうが良いでしょう。

”骨盤が歪んでいるだけでお腹がぽっこりする理由”
高いヒールを履いたり、足を組んだり、スマホを操作しながら歩いたりすると、骨盤の歪みの原因になります。骨盤が左右傾いていたり後傾していると、骨盤周辺の筋肉が衰え皮下脂肪が余計についたり、内臓が下がったりして、お腹がぽっこりして見えてしまいます。

骨盤の歪みチェック

こんな項目に当てはまる人は骨盤が歪んでいる可能性があります。
 O脚になる
 猫背になる
 お尻が垂れてきた
 目を閉じて片足立ちができない
 最近太りやすくなった

骨盤の歪みは目で見えるものではありません。一つでも当てはまる人は骨盤が歪んでいる可能性があるので骨盤ストレッチで正しい位置に戻すようにしましょう。

3-2

自宅でラクラク骨盤ストレッチ

 腰のストレッチ
両足を肩幅に広げ、腰を時計回りにゆっくり回します。逆回転も行い、それぞれ10回転ほど行いましょう。

 

 太もものストレッチ
両足を肩幅に広げ、上体をゆっくり前に倒し太ももの後ろやお尻付近の筋肉が伸びていることを確認しましょう。上体を起こして腰に手を当て、今度は上体を後ろに反らし、腰を伸ばします。

 

 骨盤底筋のストレッチ
床にあぐらをかいて座り姿勢を正します。骨盤を少し前に倒しながら尿道をキュッと締めましょう。次は骨盤を少し後ろに倒しながら肛門をキュッと締めます。5回ほど繰り返しましょう。

 

 骨盤の左右のバランスを整える
両足を前に伸ばして座ります。腰に手を当て、背筋を伸ばしてお尻だけで前に進んでいきましょう。前に進むのが困難な場合は手を大きく振って反動を使ってもかまいません。10歩進んだら今度は後方へ10歩戻ります。

 

 体が温まっている状態でストレッチを行うと効果が倍増する

お風呂上がりや軽い運動後など体が温まっている時が最も柔軟性が増すタイミングです。筋肉が適度に温まっているとストレッチ効果が増します。