産後のたるんだお腹が心配なママ必見!!焦らずゆっくりお腹ケアをしましょう

妊娠中はどうしても太りやすい時期です。赤ちゃんの重さで約3㎏+羊水や胎盤で約1㎏に加えて、脂肪を蓄えやすい時期なので出産時で約10㎏増えるといわれています。

36

出産前になると「これでもか!!」というほどお腹が張って辛いですよね。出産を経験した人は分かると思います。10カ月かけて大きくなって伸びたお腹の皮膚は、産後一気に戻ると思っていませんか?伸びたお腹の皮膚は、ある程度までは何もしなくても戻りますが、妊娠前のスッキリしたお腹に戻るには努力が必要なのです。

母乳育児がお腹のたるみを早く引き締める

約10㎏増えた体重から、赤ちゃんの重さと羊水や胎盤の重さを引いても約4㎏にしかなりません。それでは、残りの6㎏は減ってくれるのでしょうか?

確かに、産後すぐは約4㎏しか減りません。しかし、数日から数週間かけて大きくなった子宮が元に戻ろうとします。母乳育児を行っていると、子宮の収縮が早くなるため産後の回復が早くなります。しかも、大きかった子宮が元に戻るので、たるんでいたお腹も少しずつ引き締まってくるでしょう。

また、母乳育児だと母親の栄養を与えることになるので、運動をしなくても消費カロリーが多くなり、体重も減りやすくなるでしょう。

 ちなみに、私は妊娠で14㎏増えましたが、母乳育児だけで1カ月で10㎏減りました。残り4㎏はエクササイズをしないとどうにもなりませんでしたね。

お腹のたるみを元に戻すための簡単エクササイズ

●産後すぐ~1カ月●

産褥体操という病院で推奨している、リラクゼーション効果がある呼吸法を実践するといいでしょう。また、子宮の収縮を助けたり、ひらいた骨盤を元に戻すための『さらし』や『骨盤ベルト』を使うとお腹のたるみも早く元に戻ります。

●産後6カ月まで●

自分の体力を見ながら、少しずつ運動を行うようにしましょう。いきなりウォーキングやジョギングをするのではなく、ヨガやピラティス、バランスボール、病院で行っている『アフタービクス』などに参加するのもありです。この時期はまだ歪んだ骨盤を元の状態に締めることを意識しましょう。

●産後6カ月~1年以降●

本格的にダイエットをするのは6カ月~1年以降です。ウォーキングなど軽い有酸素運動から始め、ジョギングも少しずつ行っていきましょう。この時期になると骨盤が妊娠前の状態まで戻っている人もいるので、腹筋など本格的にお腹のたるみを解消するエクササイズも行いましょう。