両足の親指を縛るだけ『足指しばりダイエット』!簡単すぎるお腹引き締め法を紹介

お腹やウエストのダイエットは腹筋をしなければいけないイメージがありませんか?しかし、ここで紹介する『足指しばり』を行うと、簡単にお腹周りのサイズダウンができちゃうんです。

38

”足指しばりダイエットとは?”
両足の親指をヘアゴムで縛り5分間寝転ぶだけという簡単な方法です。これにより、歪んだ骨盤が正常な位置に戻り、ウエストやヘソ周りがサイズダウンするのです。
人は歩いたり座ったりする動作をするだけでも、骨盤が開いたり歪んだりします。骨盤が開いていると、体の重心が足の外側や小指に向かってしまい、猫背やO脚の原因にもなります。すると、お腹の筋肉が正しく使われなくなり、お腹周りがたるんでしまうというわけです。

足指しばりを行うことで、外側に向いていた骨盤を正しく矯正する筋肉を自然と鍛えることができます。また、体のバランスが整うと基礎代謝も良くなるので、より痩せやすい体質に生まれ変わることもできます。

足指しばりを行う手順とポイント

★用意するもの★
 ヘアゴム
 クッション(枕や座布団でも可)

 

1)両足の親指にヘアゴムを緩めに縛ります。跡がつかないくらいの緩さです。かかと同士をつけ、最後まで離れないようにしましょう。

 

2)腰の下にクッションを置き、ヘソを高い位置で保ちます。腰が沈みすぎないように固めのクッションを使うことをおススメします。

 

3)両手を頭の上に真っすぐ上げ、全身が伸びていることを確認しましょう。かかとが離れていないかも確認!!このまま5分間キープします。

 

 ヘルニアや腰痛がひどい人は、1~3分など時間を短縮して行うようにしましょう。

どうでしょう?

簡単な方法ですが、3分を過ぎたあたりから足がプルプルしてきませんか?地味な動作でも、普段ずっと休ませていた筋肉を使っているので、慣れるまではキツイと思うかもしれません。この方法なら、一回でウエストサイズが1㎝ダウンすることも可能です。

モデルのようなお腹になるには筋トレもプラス!

この『足指しばり』は、使われていなかった筋肉を蘇らせるためのものです。また、5分間で骨盤を矯正できても1日経てば元の状態に戻ってしまいます。習慣的に続けることが何より大切なんです。モデルのようなくびれや引き締まりを求める場合は、腹筋運動をプラスすることです。脂肪を燃焼するエクササイズではないので勘違いしないようにして下さいね。