寝る前の短時間だけでOK!パジャマのままでできるお腹エクササイズ法

普段、運動する時間がない人でも簡単にできるお腹のシェイプアップ術は数多く紹介されています。そして、今回は夜寝る前に布団の上でできる方法をご紹介します。

42

今回の布団シェイプアップは、誰にでも簡単にできる内容です。寝る前の少しの時間を有効活用して、少しでも理想のお腹に近づけるように頑張りましょう。

布団でできるエクササイズ&ストレッチの効果

 お腹周りの筋肉が刺激されるので腸の働きがよくなり、便秘解消される
 お腹周りやウエストが引き締まる
 腰痛予防に効果的

布団エクササイズ&ストレッチのやり方

 用意するもの
●布団
●枕
●リラックスできる服装

 

その1)枕を足に挟む方法

 

○仰向けになり膝で枕を挟みます。膝の角度が90度になるように立て、内ももに力が入るように意識しましょう。
 両手は床に置いて体を支えましょう。
○膝を胸に近づけるイメージで、息を吐きながら両足を持ち上げていきます。
 膝の角度が変わらないように注意しましょう。
○息を吸いながら足を下ろしていきます。この動作を15〜20回続け、2セット行いましょう。
 足を下ろすとき、床に足の裏が付かないように注意しましょう。

腹筋の真ん中のあたりがダルくなるのが分かるでしょう。

 

その2)道具を使わない方法

 

○布団に仰向けになり、膝を90度に立て、胸に近づけます。

○息を吐きながら膝を右に倒します。反対側のお尻が床から少し浮くところまで倒したら、5秒キープ!

○息を吸いながら膝を正面に戻し、同じように左にも倒しましょう。左右で5〜10回×2〜3セット行いましょう。

ウエストのくびれ部分を引き締める効果と、わき腹がストレッチされてるのが分かると思います。1と2のエクササイズを1回の運動で行うだけでも効果大です。

布団エクササイズ&ストレッチする時の注意点

 寝る前なのでリラックスできる範囲で強度や回数を工夫するようにしましょう。
 腰痛持ちの人は行わないようにしましょう。
 柔らかすぎる布団は腰に負担をかけるので普通〜固めの布団を使うようにしましょう。

布団の中でも腹筋ができる内容が考えられています。今回の布団エクササイズ&ストレッチは、キツイ運動が苦手な人には特におススメです。